<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.03.07 Sunday  | - | - | 

お知らせ

[ その他 ]
このブログではもう更新をしません。
良かったら


へお越し下さい。
2010.03.07 Sunday 18:48 | comments(0) | trackbacks(0) | 

うさぎの虐待をテレビで垂れ流すな!

[ その他 ]
JUGEMテーマ:ウサギ
 
日テレ「所さんの目がテン!」#981のうさぎの回。
見た人いる
うさぎ好きだけでなく、動物が好きな人なら驚愕する内容だった。

詳しい内容はちったんさんのブログ「ちったん☆DAYS」に書いてあるので読んでみてください。

何考えてるんだ?
怒り爆発。
勿論抗議のメール入れました。

「所さんの目がテン!」意見・質問・感想の宛先はこちら
megaten@ntv.co.jp

この件に関して「オンライン署名サイト署名TV」にて「目がテン!#981「ウサギ」特集に心をいためたことを伝える署名 」の署名活動が始まっています。
是非ご協力お願い致します。



こんなバカ番組をのさばらせるな!
2009.04.26 Sunday 16:05 | comments(1) | trackbacks(0) | 

ワールドラビットファンクラブ

[ その他 ]
JUGEMテーマ:ウサギ
 
ワールドラビットファンクラブ」なるものがあるようだ。
入会費2,000円
年会費5,000円
た…高い…

けど、マンツーマンのしつけ教室とか受けることが出来て、うさんぽ会があったり、うさ新聞が来たり、ネットショップがあったり、相談電話に電話出来たりするらしい。

気になる…気になる…
2009.04.26 Sunday 14:18 | comments(1) | trackbacks(0) | 

まくら

[ その他 ]
JUGEMテーマ:にゃんこ

我が家には2うさ1カメ以外に7にゃんこいる。
旦那両親がもともと世話しているニャンコ達だ。
捨て猫だったり、生まれてしまって貰ってと言われて貰ってきたり…
3ニャンコはめちゃくちゃ人見知りをするのでアタシを見るだけで逃げてしまう。
(2年も暮らしてるのに…)
が、残りの子はなでろーとゴロンしたり部屋の中に入れて〜とニャニャー鳴く。

そんな中で家族だろうが赤の他人だろうが全く動じず、誰にも同じ態度でいる子がいる。
デブ猫シロちゃん。
家族だからと甘えることはなく、常にマイペース、知らない人がいても気にせず自分のしたい事をする。

そんなシロちゃんなので、うちら夫婦の部屋にも遊びに来る。
と言うか、暖を取りに来る。
旦那両親部屋は夜になると寝てしまうので、夜中でもまだ起きているうちら夫婦の部屋にきて、ホットカーペットの上に置いている机の下が定位置で、いつも寝に来る。



パンダティッシュカバーを枕にして寝る

7ニャンコいるのでなかなか1ニャンコ飼いしているような、人懐こくてと言うニャンコはいないけれど、7ニャンコもいると誰かしら触れるので困ることはない。
けど、アタシだけのニャンコって言うのも世話してみたいなぁ…
2009.02.03 Tuesday 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) | 

二度としてはいけない、あってはならないこと

[ その他 ]
私の、二度としてはならない体験談を書こうと思います。


 小学5年生の頃、有名な科学館のイベントで抽選会があり
 ウサギが当たったことがありました。
 パンダウサギでした。
 抱っこをしても暴れたりしなかった子だったと記憶しています。

 今から23年前のことです。
 ウサギの飼い方も何も知らず、今思うとたまのお野菜と
 ペレットだけの生活だったような気がします。
 お水もあげていたかどうか…記憶が定かではないのですが。
 部屋に離すとオシッコをしました。
 ほとんどゲージから出さず、ずっとゲージの中に入ったまま。
 世話は母親に任せっきり。
 その当時母親もいろいろと疲れていたのでしょう。
 今では絶対に考えられませんが、ゲージの掃除もたまにしかせず、
 ウンチは床の金網から盛り上がり、臭いもきつくなっていました。
 (母親の名誉のために言いますが、決して動物をないがしろに
 する人間ではありません。)
 
続きを読む >>
2008.11.19 Wednesday 01:34 | - | - | 

結婚式終了〜♪

[ その他 ]
9/20、台風来ちゃってどうなることやら…と思った天気も当日はアホみたいな灼熱に恵まれ無事結婚式終了!あ
新郎新婦が趣味の為、式はサーキット場の栃木県にある「ツインリンクもてぎ」で行い、コース上で表彰台に乗っての人前式で、そのまま友人のS2000に乗ってサーキットラン!
参列者を乗せたバスが左右に場所移動しながら追走という、サーキット場ならではの楽しい結婚式になりました。
70歳以上のご高齢の方からも「こんな体験二度とできない!」と大絶賛のうれしいお言葉。
いやー、サーキット場で結婚式して良かった良かった。
披露宴はサーキット場内ホテルの会場でちゃんと普通に行いましたよ(笑)

でもってお色直しは和装だったのだけど、会場は勿論洋風。
ちょっとでも和風らしく…と作ったのがこのPOP。


我が愛うさ立夏と愛かめ銭太がモデルで一から描き下ろしたイラスト
H1500×W450

全体のデザインは時間が全くなかったのでパクッてアレンジしてデザイン。
そこへ描いたりっちゃんと銭太を配置。
和装時に高砂のうちらのテーブルの横に立たせてました。
その昔アタシは看板屋のデザイナーだったもんで、会社にデータ渡して出力&製作は会社で。

こちらも結構好評で、1日しか使わなかったからもったいない…と思いつつ「捨てちゃって下さい」というと、ホテル側から「捨てるならください!」と言われたので寄付してきました。
今後誰かの結婚式とかで使われたりするのかなぁ?
続きを読む >>
2008.09.25 Thursday 17:08 | comments(2) | trackbacks(0) | 

うさとにゃんこのお話 #3

[ その他 ]
猫用のゲージの床に直接ペットシーツを敷いているだけなので、オシッコはいろんな場所でし放題、そこで寝転がったりするので、うさ達は全体的に土遊びをした後のように茶色になり、自分たちのオシッコのにおいが体について、とても臭かった。
うさぎが臭いなんて…
彼女には何も言わなかったけど、心の中ではかなり動揺していた。
お日様の匂いだとか、無臭だとか、干したばかりのほかほかお布団だとか、うさぎの匂いはそんな感じの物だと思っていた。
実際、実家のうさ「ぷっちゃん」も我が家の「りっちゃん」もそんな感じだ。
こんな臭い取れるんだろうか…と不安になった。
(間違っても彼女が悪いわけじゃない。
彼女はいきなり飼ったこともないうさの世話をせざるえない状態になってしまって、それでもわからないなりにこの3うさ達を世話しているのだ。)

大きめのタオルを濡らしてもらい、1うさづつ抱っこして体を拭く。
洗ってしまいたい衝動に駆られるが、ウサ用のシャンプーは手元にないし(りっちゃんはシャンプーしないので私も持ってない)、一通り綺麗にして、ゲージ内も綺麗にすれば、あとは自分で毛繕いをして綺麗になるだろう。ことを願って体のチェックをしながら簡単に拭いていった。

トイレは、りっちゃんが昔使っていた「おトイレを覚えさせる用」の木のおトイレ。
(ハウスオブラビットにて通販で買えます。)
私は今のところこの方法を絶対的に信頼している。
この木のおトイレさえ使ってうまいことプラトイレに移行できれば2ヶ月しないで(もしかしたら1ヶ月以内でも覚えてしまうかも)おトイレを90%は出来るようになる。(●は別)

うちから持参したウッドリターを入れ、ゲージ内に入れる。
「何も手をかけずにすぐに覚えてくれるといいんだけどね」
と彼女と話していると、ぴょこんと茶色いちゃんがトイレに入った。
遊びに来たのかな?
続きを読む >>
2008.06.30 Monday 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 

うさとにゃんこのお話 #2

[ その他 ]
たまたまその日は実家にいて、実家でぷっちゃんが使わなくなったおトイレやご飯入れ、おもちゃを持って次の日に帰った。
自宅から木のおトイレ(おトイレの躾に物凄い効果有)や牧草いれ等持って、すぐに家を出た。

彼女の家は高速を使って2時間くらいのところにあった。
着くと、彼女は申し訳なさそうに「遠いのにごめんねぇ」と言った。
雨が降っていて、暗くてジメジメした空気だった。
居間に通されると、大きなアメショが出迎えてくれた。
初めての私にも擦り寄ってきてとても愛嬌のある子だった。
「いいこだねぇ」
と言って頭をなでた。

「あそこにいるの」と彼女は窓の方を見る。
窓の向こうにゲージの影が見えた。
雨も降っているからまだ外は昼間でも寒い。
子ウサギにはちょっとつらいんじゃ…と思い、中に入れてあげてと言った。

窓を開けると、猫用のゲージにペットシーツが敷いてあり、中に小さなコロコロしたふわふわの毛のかわいいロップが3うさいた。
3うさはじゃれるように常に動き回り、とても元気そうだった。
良かった…

続きを読む >>
2008.06.13 Friday 12:58 | comments(0) | trackbacks(0) | 

うさとにゃんこのお話 #1

[ その他 ]
友達の親戚がロップを女の子・男の子1うさづつ貰った。
今までうさぎなんて飼ったことのないその親戚は、普通に同じゲージに入れて世話をし、当たり前に妊娠出産した。
かわいいたれちゃん仔うさが4匹。
そのうち3匹は、友達の母親が預かるという名目で連れて帰ってきてしまった。

友達は「どうしてそんな勝手なことするの!?預かるも何もこれじゃ貰ってきたのと同じじゃん!!絶対世話なんてしないからちゃんとやってよ!」と激怒した。
家にはアメショがいた。

友達は様子を見ることにした。
母親がちゃんと世話をするのか。
縁側の下にダンボールに入れられ、陽にも当たらない状態。
牧草もおトイレもない。
4月終わり頃とはいえ、雨も降り、外はまだ寒かった。

「ごはんあげたの?」
「さっきキャベツあげたー」
そんな感じで、世話をしているんだか放置しているんだかわからない状況が2日間続き、見るに見かねて友達が手を出した。
友達はうさぎなんて全然興味がなく、いきなり耳の垂れたチッコイのが3うさも来てしまい、うさを世話するための道具も知識も何もない状態で世話をする羽目になってしまった。

友達は、うさぎが嫌いだから嫌だ。とかではなく、世話をして愛着が出てしまい、その時に離されるのが嫌なようだった。
にゃんこもいて、父親は動物が好きとは言え世話をするタイプではないし、それに3うさを世話するのは到底無理と判断したようだった。
世話をしたとしても1うさ…
にゃんことうさの世話をしながら、里親探しもすることになった。
続きを読む >>
2008.06.10 Tuesday 12:57 | comments(0) | trackbacks(0) | 

Bunny Show Jumping!!!!!

[ その他 ]


うさでもこんな賢いこと出来ちゃうんだね〜
りっちゃんと一緒にやってみたい!ヤッタv
2008.05.29 Thursday 12:14 | comments(1) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 2 PAGES | >>