<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ - ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.03.07 Sunday  | - | - | 

うさとにゃんこのお話 #2

[ その他 ]
たまたまその日は実家にいて、実家でぷっちゃんが使わなくなったおトイレやご飯入れ、おもちゃを持って次の日に帰った。
自宅から木のおトイレ(おトイレの躾に物凄い効果有)や牧草いれ等持って、すぐに家を出た。

彼女の家は高速を使って2時間くらいのところにあった。
着くと、彼女は申し訳なさそうに「遠いのにごめんねぇ」と言った。
雨が降っていて、暗くてジメジメした空気だった。
居間に通されると、大きなアメショが出迎えてくれた。
初めての私にも擦り寄ってきてとても愛嬌のある子だった。
「いいこだねぇ」
と言って頭をなでた。

「あそこにいるの」と彼女は窓の方を見る。
窓の向こうにゲージの影が見えた。
雨も降っているからまだ外は昼間でも寒い。
子ウサギにはちょっとつらいんじゃ…と思い、中に入れてあげてと言った。

窓を開けると、猫用のゲージにペットシーツが敷いてあり、中に小さなコロコロしたふわふわの毛のかわいいロップが3うさいた。
3うさはじゃれるように常に動き回り、とても元気そうだった。
良かった…

ゲージにはうさ達以外に何も入っていなかった。
「まだ2ヶ月くらいの子なら、ペレットはあげ放題であげてね。
あと、牧草はいつでもあげ放題で。」
彼女に今まで上げていたというペレットと牧草を持ってきてもらった。
ペレットはその昔、実家うさぷっちゃんにあげていたものと同じものだった。
黄緑の袋にピアノを弾いているウサギのイラストのパッケージ。
ホームセンターやスーパーによく置いてあるやつだ。
主原料はアルファルファ。
子ウサギにはちょうどいいかも。
懐かしい。

まずは牧草。
持ってきた牧草入れにしこたま牧草を入れて中に入れる。
物凄い勢いでモグモグ食べている。
牧草追加。
続いてペレット。
お皿に入れて入れるとあっという間に皆たいらげてしまった。
追加
たいらげる
追加
たいらげる…
4回ほど繰り返していると、お腹がいっぱいになったのか、3うさともゴロンとしだした。
すぐにスピースピーと寝てしまう子もいる。
よっぽどお腹が空いていたんだ…

ちっちゃなコロンとしたふさふさの毛玉たちが、小さい体で精一杯のびーっとしてゴロンと寝ている。
見ているだけで幸せな気持ちになる。

持ってきた給水ボトルを用意し、ゲージに取り付けてみた。
きっと初めての給水ボトル。
お水だってちゃんとわかるかな?
心配をよそに、1うさがカシャンカシャンと音を立ててお水を飲みだした。
頭いい。
他の子たちもわかったのかマネをしているのか、お水を飲みだす。
のども渇いていたんだろうなぁ…

さてと…
この次は大問題のトイレと、うさ自身だ。
2008.06.13 Friday 12:58 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< うさとにゃんこのお話 #1 | main | これまたうさんぽ >>

スポンサーサイト

[ - ]
2010.03.07 Sunday 12:58 | - | - |